« CP+ 「ミラーレス新時代に向けて」 | Main | 制約があるから面白い »

March 04, 2019

Bokeh Art Lens (他と違つたことをやろう)

2015年にNikonレンズ と Canon レンズを組み合わせ、Bokeh Art Lens と称して紹介したところ、
これが大受けで、プロの方々も使うようになってきました。
みなさま、他と違う表現を求めているということの証左でしょうね。
なぜ、こんなものを作ろうかと思った理由は、他人と違う写真をどうすれば撮れるかということからでした。
写真は、被写体をカメラで撮って、撮影データを得て、そのデータをそのまま、あるいは、プリントして閲覧するというものです。その間を細かく分析すると、被写体・(フィルター)・レンズ・カメラ本体(撮像センサーと画像処理エンジン)・撮像データ・撮像データの現像ソフト・出力するプリンター・用紙があり、その中の少なくとも一つを他人と違うものにすれば、他人とは違う写真となるわけです。
被写体として、誰も見たことのないような特別なものを選ぶ
フィルターを使って他人と違う効果を出す
最適な表現となるようなレンズを選ぶ
好みの画質・色の出るカメラ本体を選ぶ
撮像したデータを現像ソフトやレタッチソフトで加工する
プリンターや用紙を選択して風合いを変える
ということが行われています。
この中で、誰もやっていないことは何か、をずっと考えていると、ある日、妙なレンズと遭遇し、それをきっかけに、レンズの中身を変えた人はいないぞ・・という発想が生まれた。
そこで、レンズの構成を変えてみようと・・・。というものの、レンズ製作などできない。市販していたオールドレンズを分解して構成を入れ替えてみよう。
ということになった。
このストーリーの詳細は、こちらにあります。https://www.facebook.com/BokehArtLens/

|

« CP+ 「ミラーレス新時代に向けて」 | Main | 制約があるから面白い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Bokeh Art Lens (他と違つたことをやろう):

« CP+ 「ミラーレス新時代に向けて」 | Main | 制約があるから面白い »