« IP-Lecture 知的財産法講義 | Main | Bokeh Art Lens (他と違つたことをやろう) »

February 28, 2019

CP+ 「ミラーレス新時代に向けて」

今日は、CP+に行ってきました。セミナー、上級エンジニアによるパネルディスカッション「ミラーレス新時代に向けて」を聞きに。

フルサイズミラーレスが各社より出揃い、新時代になったと言ってよいでしょう。
少々先を行く、SONY
追いかけるCANON, Nikon, Panasonic+Leica+SIGMA、
ミラーレスに関する各社の理念or意気込み
SONY : 先進・・会社のイメージと同様。
クリエーターに寄り添う。
Nikon : 新次元の光学システム、よりよい画質を追求。
信頼と創造。
CANON : 大口径、ショートバックによる新しい映像表現。
ハードを突き詰めていきたい。
Pana : プロに使ってもらえる。M4/3を超える画質。
Sシリーズの普及に務める。
SIGMA : フルサイズfoveonセンサには苦戦しているが・・。(今年中には出すらしい)・・とにかく「頑張る」
瞳認識については、かなりの時間が割かれた。
各社とも瞳認識については力を入れているようで、当初、各社でばらついていたが、各社とも瞳認識機能を揃えてきました。
その中で、気になったのが、「グローバルシャッター機能」ということ。
現時点で搭載されている機能ではないが、カメラの転換点を作るであろうとのこと。

|

« IP-Lecture 知的財産法講義 | Main | Bokeh Art Lens (他と違つたことをやろう) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CP+ 「ミラーレス新時代に向けて」:

« IP-Lecture 知的財産法講義 | Main | Bokeh Art Lens (他と違つたことをやろう) »