« デザイン経営 | Main | 知財ブログ・リニューアル »

July 01, 2018

知財業界のライバル

7月1日に弁理士の有志で「知財業界のライバル」というテーマで、記事を書こうというイベントがあり、それに従い、この記事を書くことにしました。

知財業界では、様々な人たちがおります。弁理士・弁護士、企業知財部員、特許庁、裁判所が中心でしょうが、他にも技術士、中小企業診断士などの方で知財を扱う方々もいます。
これらの方々は、一部業務の重なる部分もありますが、ほとんど協力関係にあると言えます。
弁理士に限ってみると、弁理士は、専権業務という領域が法律で定められているため、その範囲内において、ライバルはなく、あえて言えば、弁理士同士がライバル関係にあるだけです。これは、ありきたりの見方ですので、別の視点から考えてみましょう。
弁理士のライバルは、時代の変化・・。
何を言いたいかというと、弁理士は、最先端の技術を扱っているにも関わらず、自らの業界について、あるいは、自らの事務所の運営において、先端性を取り入れるところは、結構すくないのではないか、と思えることです。
とりわけ、現在においては、その技術の進展はめまぐるしいものがあり、その変化が弁理士の業務にも影響を与えつつあります。その時代の流れを読み、対応する力がないと、弁理士自体が不要なものになってしますでしょう。
まさに、デジタルカメラの普及が、富士とコダックの明暗を分けたことが起こりつつあります。それに気づけた弁理士が生き残る。そういう時代だということですね。
ということで、弁理士のライバルは、時代の変化でした。
なお、他の方の記事は、このサイトでまとめてリンクが貼られています。
ご参照ください。

|

« デザイン経営 | Main | 知財ブログ・リニューアル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 知財業界のライバル:

« デザイン経営 | Main | 知財ブログ・リニューアル »