« 起業、成功の方法・・学びの場 | Main | 弁理士試験(1) 四法対照表を利用した弁理士試験の勉強法 »

December 06, 2016

人工知能と知的財産

最近AIばやりで、情報処理をAI化したいとの要望を聞くことが多い。

そこで、AIについて調べてみた。
様々なAIが開発されているが、その中でも有名な、IBM Watson は、IBMが運営しているBluemixというサイトで公開されていて、利用可能とのこと。

また、人工知能型チャットボット(会話AI)として
マイクロソフトのりんな http://rinna.jp/
ユーザーローカル社の「人工知能ボットAPI」http://ai.userlocal.jp/
ZEALS社の「BOT TREE for MEDIA」 http://zeals.co.jp/bottree/

などもAPIとして利用可能なようだ。

また、
SELF 社の「SELF」https://itunes.apple.com/…/self-ren-gong-zhi-n…/id998279540…
ひとみAPI https://f425.net/F-425/service/ai_hitomi.html
LINE bot api https://business.line.me/ja/services/bot
などもある。

そのうち、AIで発明をするとか、自動的に創作することも可能になってくるだろうし、実際、作曲や小説の創作例がある。

楽曲の創作としては、Jukedeck  https://www.jukedeck.com/

や、ラムス(lamus)

というのがあり、小説では、はこだて未来大学の「作家ですのよ」

http://www.fun.ac.jp/~kimagure_ai/

がある。

そこで、当然問題となるのが、知的財産の問題である。

平 成 2 8 年 1 月. 内. 閣. 官. 房. 知的財産戦略推進事務局より、「AIによって生み出される創作物の取扱い(討議用)」が発表されている。法整備が必要となる分野である。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/kensho_hyoka_kikaku/2016/jisedai_tizai/dai4/siryou2.pdf

参考:次世代知財システム検討委員会 報告書(案)

|

« 起業、成功の方法・・学びの場 | Main | 弁理士試験(1) 四法対照表を利用した弁理士試験の勉強法 »

Comments

実は、今から26年前の1990年に特許出願を行ない、2002年に登録特許となった特許第3275311号は発明をする人工知能(AI)の発明です。特許公報は、次のリンク先にあります。http://www.patentisland.com/jpb_0003275311.pdf
この発明の原理を簡単に言いますと、自分の脳内に出来上がった神経結合の結合パターンをパターン認識して、機能ブロック図に変換して出力するというものです。出力した機能ブロック図が新規なものであれば、発明を創作したことになります。このように、AIが発明をするための原理は公知です。AI,ロボット,3Dプリンタの活用を中心として進展していくIoT産業革命の時代には、価値創出の源泉はデータとなります。データ所有権とデータストリーム特許が大変に重要となります。知財業界としては、2017年からはデータストリーム特許の時代が来ると思い発言しました。下記サイトを参照してみてください。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/161209/bsl1612090500006-n1.htm

Posted by: 久野敦司 | December 11, 2016 09:44 AM

久野さん コメントありがとうございます。かなりの先取り特許ですね。また、確かにデータストリーム特許の重要性は高いですね。

Posted by: 遠山勉 | December 11, 2016 09:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人工知能と知的財産:

« 起業、成功の方法・・学びの場 | Main | 弁理士試験(1) 四法対照表を利用した弁理士試験の勉強法 »