« 「高倉健・インタビューズ」 | Main | ファイブフォース分析の知財的視点<知財経営フレームワーク »

January 21, 2015

戦略の策定<知財経営フレームワーク

知財経営を進めるにあたってのフレームワークを紹介します。

一般的な経営戦略のフレームワークは、各方面で公開されています。例えば、

N's spirit 投資学研究室 > 経営戦略の基礎を学ぶ(ここ)では、その基礎的なものを紹介しています。さらに、googleで「MBAの教科書」というキーワードで検索してみると、様々な教科書がヒットします(検索結果)。

しかし、そのようなフレームワークをみるとき、それを「知財視点」で検討したものはほとんどありません。

そこで、ここでは、各経営戦略フレームワークを知財視点でみたらどうなるのか、を検討してみました。

なお、このようなフレームワークは、あくまで「思考の補助線」であり、問題解決のためのツールとしての役割にすぎない事に気をつけたいと思います。フレームワークを使ったとたん、そのフレームの枠内に思考が限定されてしまうことを意識したいものです。

26

現状の経営戦略を把握し、外部環境、内部環境を把握。その環境の中での自社の相対的な強み・弱みを把握し、成功要因を抽出します。そこに、知財視点を加え、何をもって、競争優位性を確保するか。知財という新たな価値を織り込み、新たな経営戦略モデルを策定していく。
経営戦略は、競争優位戦略であり、知財経営は、競争優位の源泉を知財に求めるものです。
外部環境分析は、一般にPEST分析といい、政治、経済、社会、技術と言う切り口からの分析ですが、ここに自分を取り巻く地理的「環境」等、政治、経済、社会、技術に含まれない環境を入れると、さらに精度が高くなるように思えます。

|

« 「高倉健・インタビューズ」 | Main | ファイブフォース分析の知財的視点<知財経営フレームワーク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67799/61010255

Listed below are links to weblogs that reference 戦略の策定<知財経営フレームワーク:

« 「高倉健・インタビューズ」 | Main | ファイブフォース分析の知財的視点<知財経営フレームワーク »