« 50歳からの勉強法@童門冬二 | Main | 戦略の策定<知財経営フレームワーク »

January 03, 2015

「高倉健・インタビューズ」

高倉健が亡くなって、NHK等で多くの特集が組まれた。私も健さんの生き方には共感している。自分自身の世界観を曲げずに、しかも、周囲に気を配りつつ生きる姿に共感しないではいられない。そんな中、旧友のT君が年末に癌で亡くなった。彼が癌であることを仲間に告げたのは、昨年の春であった。本当は7年も前から癌と戦っていたことを隠していたのであるが、再発したとのことであった。
それまで、彼は、仲間との付き合いの中、決して体調が悪いことは言わなかった。それは、周りへの「気遣い」であったし、彼の「美学」でもあったのであろうと思う。

T君の「美学」は、どこか健さんに似ている。自分の遺影も指定し、すべてを整理し「悔いはない」と言い残して、旅だって行きました。
そんな中、「高倉健・インタビューズ」という本が目に入ったので、購入して読んでみました。高倉健の生の言葉にT君の生き方がなぜか重なります。

|

« 50歳からの勉強法@童門冬二 | Main | 戦略の策定<知財経営フレームワーク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「高倉健・インタビューズ」:

« 50歳からの勉強法@童門冬二 | Main | 戦略の策定<知財経営フレームワーク »