« スティーブ・ジョブズの名言から学ぶ知的財産権法(1) | Main | 日本知財学会 第12回年次学術研究発表会 »

July 18, 2014

パソコンで健康を害さないために

知財人は、パソコンを使って文章を沢山書く。筆者は、東芝のTOSWORD JW-1という卓上ワープロを1983年から使い始め、その後、シャープのワープロ、NECのPC−9800シリーズやDOS-Vで動くワープロソフトで文章を作成してきた。今年で31年目にもなる。一日10時間ぶっ続けに文章を作成していたこともある。

そうしているうちに、両手が腱鞘炎になり、ひどい肩こり腰痛に悩まされるようにもなった。手足や肩、後頭部のしびれるようになった。
ワープロやパソコンの弊害である。今日は、そのような弊害を排除して、健康を我意さないようにするための方策を2つご紹介したい。
その方策は、成蹊大学の塩澤一洋先生推薦方法。
★第1は、立ったままでのパソコン操作。ディスプレイは高く。Wにして一つは目の高さにすると良い。これで、背筋、腰が伸び、猫背にならず腰を痛めずにすむ。しかもキーボードは2つにして、両手が肩の幅で開くようにする。肩が前に出ず、胸が開く。
写真は、塩澤先生の研究室
Dscf3001
Dscf3003
Dscf3005
★第2は、親指シフトによる入力
ローマ字入力に比べ、入力のためのストロークが57%に減るとのこと。
しかも、指(特に小指)を動かす範囲がローマ字入力に比べ狭くてすむ。
極めて合理的。
詳細は、塩澤先生のブログに詳しいので、そちらを参照してください。
shiorogy:親指シフト http://shiology.com/shiology/cat22683936/index.html

|

« スティーブ・ジョブズの名言から学ぶ知的財産権法(1) | Main | 日本知財学会 第12回年次学術研究発表会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67799/60005455

Listed below are links to weblogs that reference パソコンで健康を害さないために:

« スティーブ・ジョブズの名言から学ぶ知的財産権法(1) | Main | 日本知財学会 第12回年次学術研究発表会 »