« 意思決定の早さ | Main | 残念な人たち »

December 19, 2010

残念な人の思考法

残念な人の思考法:山崎将志(日経プレミアシリ一ズ)を読んでみた。
残念な人とは『一生懸命やっているのに成果の出ない人、もったいない人』である。
その中で、『論理思考は、ビジネスパ一ソンに不可欠な能カのひとつである』とした上で、論理思考力があるのに「残念」になる理由をあげている。
『論理とは、ある「前提条件」における、ある問題を解決しようとしたときに、百人が百人同じ結論が出る、という筋道ないしはステップのことである。同じ筋道をたどっているにもかかわらず結果が異なるということは、「前提条件」が異なる、ということだ。』
と言う。
この点、発明を書く特許明細書についても同じであリ、自然法則を利用し、反復可能性を有する発明についての記述は、論理性が重視される。
発明の効果は、その前提となる条件(構成要件)をすべて満たせば当該効果が出るのであるから、何が構成要件であるべきかは論理的に明らかなはずである。

その意味で、前提条件と結論との関係がわからない人は、そもそも論理性がないと言えよう。
論理思考力があるのに「残念」になる人というのは、実は論理的思考力がないのである。

|

« 意思決定の早さ | Main | 残念な人たち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 残念な人の思考法:

» 『残念な人の思考法』 [月のブログ]
残念な人の思考法(日経プレミアシリーズ)山崎将志 by G-Tools けっこう良い本だと思いますが、僕が要約すると、途端にチープになってしまい、読まなくなってしまう人がいてはいけないので、あえて述べ...... [Read More]

Tracked on December 30, 2010 02:39 PM

« 意思決定の早さ | Main | 残念な人たち »