« 弁理士の仕事(1) | Main | 模倣と創造の日本史(6) »

March 18, 2005

㈱林原生物化学研究所

 昨日、異業種交流会の会員の方々と一緒に㈱林原生物化学研究所へ行ってきました。
 他社がやらない事をやる。それがモットー。なぜなら競争がないから。マーケティングもしない。マーケティングをすると他社と同じになるから。新技術を開発し特許で確実に守る。
新規研究テーマは社長が決定する。オーナー会社の良さが出ている。意思決定が早く、明確である。
 研究結果がビジネスとして成功するかどうかはわからない。しかし、これまで失敗はない。成功するまでやり通すからだ、という。但し、研究が失敗したときのリスクヘッジも考えた経営をしている。会社はむやみに大きくしない。目の届く範囲だ。
 また、社員の教育について、新しいものを作って売ればそれが社員教育になるという。自分達で説明しなければならないからだ。コスト競争だけでは社員教育にはならない。価格が安いことだけしか社員は覚えないからだ。
 極めて興味深い会社であった。知財発想を実現している。

|

« 弁理士の仕事(1) | Main | 模倣と創造の日本史(6) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ㈱林原生物化学研究所:

« 弁理士の仕事(1) | Main | 模倣と創造の日本史(6) »